スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年夏ハワイ:子供たちジェットスキー初体験

 23,2011 22:04

......................................

義理兄の家の前で見た夕焼けが綺麗だったので、パチリ。

夕焼け

この日はたいへんな一日でした。

義理兄の友人が、ジェットスキーをするから、ということで誘ってくれたのです。

ジェットスキー

子供たち、特に次男は始めてのジェットスキー体験におおはしゃぎ。

まず義理兄が子供たち二人を乗せて、ぶ~ん、とひとっ走り。
このときも、姿が見えないところまで走って行き、小1時間ほどして帰ってきたのです。

しばらくビーチで休憩。みんなもうのんびりしていたのだけど、次男がどうしてももう一度乗りたい!とうるさいので、義理兄がもう一度次男を乗せてくれることになったのでした。

今度は甥っ子が次男を後ろに乗せ、義理兄は立って乗るタイプのもう一台のすきーに乗って、またぶーん、と走り去っていきました....


そして......


この3人、待てども待てども帰ってきません。

待てども待てども..

どこにいるのか、姿もまったく見えません......


待っているうちに日も沈みかけてきて、これはおかしい、とみんな思い始め...

私はもう泣きそうです。

2時間ぐらいはたったでしょうか。
ようやく遠くに3人の姿が..

甥っ子と次男が乗ったスキーに、義理兄のスキーが引っ張られる形、そして義理兄はそのスキーにしがみつく形でゆっくりゆっくりと戻ってきました。

あぁ... よかった。もう....


なんでも義理兄は、大きな波が来たので、いつものサーフィンの要領で波に向かって走り、乗り越えようとしたところ、思いっきりひっくり返り、体を強く打って、あごの所に傷を作ったとのこと。
その後スキーはオーバーヒートして動かなくなり、なんとかもう一台のスキーに結びつけ、戻ってきたそうで...

心臓に悪いから、本当に簡便してください!


次男は、とは言うと、何事もなかったように、けろっとしたかおで、「大丈夫だよ~」って言っていました。でも、この日はおなかがすいているはずなのに、一口もごはんを食べなかったの。きっと、自分はしっかりしなくちゃ、と強がっていたけれど、かなり恐かったんだろうと思うのです。

海の真ん中で、目の前でおじさんがひっくり返って怪我をしたり、その後スキーが動かなくなったりしたんだから、きっとびっくりしたはず。

こういう冒険も、後になればいい経験になるのだろうと思うけれど、一歩間違うとたいへんなことになるのだから、本当に恐いです。


義理兄のあごはぱっくりと切れていて、その後救急病院へ連れて行ったのでした...

でもとにかく、たいしたことにならず、本当によかった。

恐ろしかった一日でした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。