スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッキングスクール・スパニッシュタパス

 27,2012 22:28

......................................

久しぶりにセントラルマーケットのクッキングスクールに行ってきました。

クッキングクラス

この日のインストラクターシェフは、右に写っている人ではなく、左端に写っている黄色い帽子の方。(笑)

このクラスについての説明書きは以下...

Daniel Olivella, Chef/Owner, B44, San Francisco & Barlatta, Oakland

FEATURED CHEF. Join us behind the scene at B44, one of San Francisco’s most popular tapas restaurants. As Chef Olivella discusses the dishes and demos a few, you’ll enjoy photos of the busy kitchen in action. As always, you’ll learn about the customs and traditions of Catalunya as you enjoy:

Tortilla Espanola (Potato Omelet);
Pulpo en Adobo (Octopus with Chiles);
Gambas Ajillo (Shrimp with Garlic);
Pincho Moruno (Moorish Lamb Kebabs);
Chipirones en Su Tinta (Squid in It’s Ink); and
Piquillos Rellenos de Brandada (Little Peppers stuffed with Salt Cod).

サンフランシスコとオークランドにレストランを持っている、スペイン人のシェフでした。
メニューの、アメリカではほとんどなじみのないタコやイカ墨ソースに惹かれて、このクラスに決定。

スペインのタパスって、気軽な料理だと思っていたら意外と手がかかっているのだなぁ、という印象でした。
有名なトルティーヤ(スペイン風のポテトオムレツ)にしても、玉ねぎはゆっくりとあめ色になるまで30分以上炒めるとか、ポテトもたっぷりのオリーブオイルでゆっくりと炒めておいてから使うとか..

トルティーヤとバゲット 海老

↑左:トルティーヤ(奥)と手前はフレッシュトマトソースをぬったバゲット。
↑右:ガーリックシュリンプ

タコとポテト イカのソーセージ詰め

↑左:タコのチリスパイス和え
↑右:ソーセージを詰めたイカをイカ墨ソースで

スタッフドパプリカ ラムの串焼き

↑左:ソルトコッド(塩漬けのたら)入りのマッシュポテトを詰めたミニペッパー
↑右:ラムのカバブ

料理には立派な生の丸ごとのたこを使っていたので、このお店で買えるのかと聞いてみると、なんと買えるのだそうで.. 店頭には出ていないけれど、魚売り場でお願いしたら冷凍してあるものを出してきてくれるそうです。今度ぜひ買ってみよう!

シェフのプレゼンテーションを見ながらゆっくりワインを飲んでサンプルをいただいて(サンプルと言っても十分おなかが一杯になる量です)... 至福の時間でした♪
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。