スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IKEA/Back to School Day

 29,2007 00:36

......................................

長男の部屋のペイントが完了したので、ベッドを買いにIKEAへ行って来ました。

26_03.jpg

↑IKEAにて

買うベッドはもう決めてあったのです。私が、「自分が子供だったらこんなベッドで寝て見たい~!」って思って一目で気に入ってしまい、子供にはこれ、と勝手に決めていたベッドです。
もちろん長男も私の選択に喜んでくれたし、値段が手ごろなので夫もハッピー。(笑)

長男の部屋の宇宙のテーマにもぴったり。ただ、ベッドの色と壁の色があまりにも似ていて、、、メリハリがなくなっちゃいました。。壁の色、もうちょっと他の色にしてもよかったな。壁が緑で天井だけ濃い青とか、、でも残念ながら塗りなおす元気も予算も今はもうありませんっ。(苦笑)

天井は壁よりも濃い色を選んだのだけど、塗ってみたら言われないとわからないくらいの差、、、かなり思い切って色を変えないと目立たないものだなぁ、と学びました。見本で見る限りははっきり違う色だってわかる色の差だったのだけどなぁ。

マットレスを買っていないので、まだこのベッドでは寝られないのだけど、、

うれしそうにベッドを作っている夫と、同じくそれをうれしそうに見守る子供たち。

そして私は、、、

ブルー。 (笑)

ブルーです、ブルー!!!!

やだ~!子供部屋で寝るようになっちゃうなんて。もう私の隣で寝てくれないなんて!

長男に、「ねー、本当にもうすぐあっちで寝ちゃうの??」と聞くと、
「うん、でも大丈夫だよ。朝になったら会えるんだから。ちゃんと毎朝会えるよ。」と。

そして私がかわいそうになったのか、「二段ベッドがここ(主寝室)にあればいいのにねぇ~。」なんて。(笑)

あぁ。。。。

考えれば考えるほど寂しい。。

3歳の次男はまだまだ甘えんぼだけれど長男よりはあっさりしているところがあるし、長男が自分の部屋で寝ると言ったら自分も!と一緒に寝てしまう気がするんですよね~。

とうことは一気に二人が親離れ。。さ、寂しい。。長男6歳はもう仕方がないとしても3歳の次男にはもうちょい一緒に寝て欲しい。

夫はこれでようやくベッドが広々と使えるとうれしそう。こういうところってやっぱり男親と女親の違いなのかなぁ。

-----------------------------------

さて、今週からいよいよ長男の学校が始まりました。
長男に、「月曜日はママと学校行く?それともパパと?」と聞いて見ると、
「ママ!!」。
勝った!(笑)

家は共稼ぎだし夫も夕方6時ごろには帰ってくるので、子供たちと過ごす時間が夫も私もほぼ同じくらい。
平日の夕方は私は食事の支度をしたり家のことを色々片付けたりすることが多いので、子供たちのお風呂は夫の役目。お風呂から上がった後、体を使って子供たちと遊ぶのも彼。(笑)
なので母の存在は絶対ではないんですよね。たまに自分の存在価値について不安になることも。

だから今回みたいに重要な日に、私と行きたいと言って貰えるとホントうれしいのです。

というわけで初日は私が学校まで長男を送っていき、一緒にカフェテリアで朝ごはんを食べ、その後教室まで送っていきました。ちょっと緊張していたみたいだけど、キンダーで仲良しだった子も同じクラスだしきっと大丈夫でしょう!

アメリカの学校の初日は、本当にカジュアルで仰々しいものは何もないと言いましたが、、、

生徒はもちろんみんなショートパンツにTシャツという出で立ち。しかも今朝は校舎の入り口にラジカセが用意され、ロックががんがんにかかっていました。(笑)それを持ってきて入り口でみんなに挨拶をしているのは副校長(教頭?)です。まだ30代半ばかな?という若い男性。アメリカでは校長も若い人がたくさんいて、20代の校長先生もいるそう!日本で育った私には驚きです。。

今年も一年、長男が楽しい学校生活を送れますように!
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 7

2007.08.28
Tue
11:17

muffin #F04RIMms

URL

ママのこと…

こんにちは!
長男君、1年生始まったんですね!ワクワク、ドキドキな事でしょう!(popoさんが???)

>母の存在は絶対ではないんですよね。たまに自分の存在価値について不安になることも。

お母さんの存在ってお父さんのそれよりも偉大ですよ!
変な喩えで申し訳ないんですが、日本の警察で犯人を説得する時に「君のお母さんが悲しんでいるぞ…」って言うと、大抵の犯人は降参してくるって、読んだ事があります。そういえば「君のお父さんが悲しんでいるぞ!」って聞いた事ありませんよね!
我家の子供達も反抗期には「ママなんかだ~いキライ!」って言っていたけど、ちょっと痛くしたりすると「ママ~!」って言って、夫ではダメでした♪

自信を持って、子育てガンバッてくださいね!影ながら、応援しています!

編集 | 返信 | 
2007.08.28
Tue
12:40

Hana #-

URL

わかります!!うちも2歳になったのを機に別のベッドで寝るようになったのですが、あの大人ではありえないもちもちの柔らかさと暖かさをもとめ、時々子供ベッドにもぐりこんで朝まで寝てしまいます...。

うちも共働きで子供と過ごす時間が一日4時間ぐらいなので、ご飯(と片付け)係、子供係は1週間ごとの当番制にしています。

編集 | 返信 | 
2007.08.28
Tue
14:43

月 #mQop/nM.

URL

小学校入学の日の付き添いという大切な役目を勝ち取ったpopoさん、おめでとう!気持ち、よーく分かるよ。うちも共働きだから一緒に過ごす時間は同じだから、周りの専業ママたちを見てちょっと不安になるの。できればパパよりもママに甘えて欲しいもんねー。でもうちもやっぱり機嫌の悪いときは私じゃなきゃダメだよ。すっごい優越感~(笑)。

添い寝もね、うちは大人のベッドとクリブとぴったりくっつけてる。出産前は別室って決めてたんだけど、やっぱりかわいい寝顔を眺めながら眠りにつきたいから。。。だからきっと娘が大きくなったらpopoさんのように寂しく思うんだろうなー。そしてそのはずみで二人目とか…、怖い怖いムリムリ。それこそホラー映画だよ。

編集 | 返信 | 
2007.08.28
Tue
23:56

Min #-

URL

初めてコメントさせていただきます。
私の主人もアメリカ人です。ものすごく育児には積極的です。日本で言えば、ママが二人いるみたいです(笑)
なので、1歳の息子は私たちには平等にくっついてくるのですが、たま~にDada大好き!な時が。。。ちょっと寂しくなったりします。
その代わり、私にべったりな時はやはり「勝った!」と思ってしまいます(笑)

アメリカではあまり子供と一緒に寝る習慣がないと主人が言っていましたが、(個人差はあるでしょうが)実際はどうなのでしょう?
私の主人も夫婦で眠れる日が待ち遠しいようです。私はずっと息子の無垢な寝顔のそばで眠りたいのですけどね。

編集 | 返信 | 
2007.08.29
Wed
07:09

popo #-

URL

muffinさん、Hanaさん、月ちゃん、Minさんへ

■muffinさん、
こんにちは!
なんだか思わず爆笑してしまいました。
「お父さんが悲しんでるぞ、、」っていうのは聞かないって
いうのがなるほど、、とおかしくて。(笑)

ママなんか大嫌い!って言われてしまう反抗期って
いったいいつごろですか?
うちも近い将来やってくるのかなぁ。悲しい。
でも誰もが通る道ですよね。。
自分自身、ひどい反抗期があったので子供のことを
とやかく言えません。(笑)

怪我したりしたときはそうですよね、やっぱりママなんですよね~。
muffinさん、いつも暖かいアドバイスをありがとうございます!!

■Hanaさん、
子供といっしょに寝るのってほんとに幸せ~、な感覚ですよね~。
横にあのかわいい寝顔がある、、というのは。

役割を一週間ごとに交代なんて、、そんなことが出来るのは素敵!!
うちは、、、食事のしたくは夫には任せられないなぁ。。
たまにリクエストして作ってもらうのはいいのだけど、
毎日の献立を考えるってことは無理みたい。
Hanaさんのご主人、すごいですね!

■月ちゃん、
ありがとう!(笑)
ふふふ、、、うれしいなぁ、共感してもらえて!
働いているとやっぱり色々とね、、考えちゃうことあるよね。

仕事していると特に子供の寝顔を見られる時間って貴重に思えない?
これはほんとギブアップしがたいよ~。

そのはずみで二人目って、、、おかしい~!!爆笑!
しかもホラー映画なんて。(笑)
大丈夫よ~。出来たら出来たでね、、なんとかなるなる!

■Minさん、
はじめまして!
ママが二人、、、わかります。うちもそんな感じに近いです!
うちの長男も「もしかして最近パパになついてる??」って不安になった
時期ってありました。でもしばらくするとまたママ~、って戻ってきたりだとか、、
その繰り返しみたいです。

アメリカではそうですね、子供といっしょに寝る習慣はないです。
赤ちゃんのときから別部屋は当たり前、、
うちみたいに6歳にもなって一緒に寝てるなんていったら
気持ち悪がられるか、「子供が自立出来ない」とか批判されたり
することもあると思います。
だからあまり人には言えません。(笑)
でも世界的に見ると、子供と別々に寝る習慣のある民族のほうが圧倒的に
少数(だいたい欧米だけ!)なのだそうですよ。
だから気にしません~。(笑)

でも男の人ってやっぱり早く子供を部屋から追い出したいんですねぇ。(笑)

編集 | 返信 | 
2007.09.02
Sun
08:18

純太 #-

URL

IKEAだ!

って、今更すみません(笑)
海外IKEA,私は行った事ありません。
日本のIKEAと違う点沢山ありそう!

わぁ。。。親離れのお話・・・
読んでいてちょと「きゅ~ん」としました。
私も娘から離れられるかな?(笑

編集 | 返信 | 
2007.09.04
Tue
07:44

popo #-

URL

純太さんへ

■純太さん
IKEAは、多分日本のもアメリカのもほぼ同じじゃないかなって思うのだけど、、どうかな~?
私も日本のIKEAに行った事がないのではっきりとはわからないけれど。。
1年ほど前にうちの近所にIKEAが出来てからほんと助かってます!
それまではたまに3時間かけて他の街まで行っていたんですよ~。

子供の親離れ、、本当に複雑な気持ちなんですよね!
うれしいような寂しいような。。i-241

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。