スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いてもいいよ

 10,2006 01:21

......................................

子供たちは今週から新しい家の近くの学校へ転校しました。前に行っていた学校の姉妹校で、建物の作り等がほぼまったく同じ。もちろん同じモンテソーリなのでそれほど違和感もないだろうとは思っています。

それでも、、やっぱり新しい友達、新しい先生、、というのは子供にとってはきっと大きなストレスでしょう。。長男は初日と二日目は平気なようでしたが、3日目に「学校に行きたくない」と言い始め、夫が朝ドロップオフしたときに夫にしがみつこうとして泣いたそうです。

そういえば前回学校を移した時にも同じことがありました。最初の数日は全然平気なようだったのにその後学校に行きたくないといって泣いたり、おなかが痛い、、なんて言ったことがあったのでした。でもほんとに一時的なものでしたが。

ある育児論によると泣いたり駄々をこねたり、、というのはよいことなのだそうです。それによって気持ちを発散させることが出来て、その後は落ち着くことが出来ると、、感情を表さずに我慢してしまう子供は、それが大きなストレスになって徐々に大きな問題になることがあるので一番心配なのだそう。

育児論には色々な説があるので何を信じるかは人それぞれですが、私はこの説に関しては「なるほどなぁ」と共感しているのでなるべく心に留めておくようにしています。子供には親に対して自分の感情を表して欲しいと思うし。でないと何を考えているのかわからなくて、大切な事を見過ごしてしまうかもしれないから。。

だから長男には「今日は泣いちゃったんだね。どうして泣いちゃったの?ちょっと寂しかった?」「そうか~。明日も泣いちゃうかな?でも泣いてもいいからね。」とだけ言っておきました。

「お兄ちゃんなんだからしっかりしなさい。泣くのはやめなさい。」なんて言うのはあまりに酷な気がしてしまうのです。まだまだたったの4歳なのですから。

そうして4日目。朝は意外に平気だったようです。やっぱり、「泣いてもいいよ!」といわれると返って安心するのではないかなぁ、と私は思うのですが、、どうなのかな。

ちなみに今朝は今まで平気だった次男が泣いたようです。(笑)

二人とも早く慣れてくれますように。

1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング
関連記事
スポンサーサイト

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。