スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我した次男、優しい長男

 14,2006 04:45

......................................

日曜日の午後私が食事の支度で忙しくしている時に、夫が次男と長男を連れて裏庭へ。でも夫は5分とたたないうちにおお泣きしている次男を抱いて家に入ってきました。見ると左目の脇のあたりから血が滲んでいます。

夫いわく、「こけてコンクリートでゴツーンと打った!」とのこと。え~っ?!コンクリートで顔を打ったなんて!!とかなりびっくりしてしまいました。新しい家の庭のパティオには段差があるのですが、そこでいきなり転んで段差で顔を打ったそうで、、

顔の半分が腫れあがってしまうのではないかと心配してアイスパックで冷やそうとしましたが次男は(泣きながら)嫌がって振り払います。。幸い思ったよりひどく打たなかったようで、目の横の部分はかるい擦り傷程度、青あざらしきものも、目の下にほんとにうっすらと見えるかな、というくらいでで済んでホッとしましたが。。

子供には怪我は付き物!だとわかっていてもやっぱりこういうことがあるとあせってしまいます。いつも思うのですが、子供が大怪我なんてした場合に落ち着いて適切な行動が取れるかどうかと考えると、自分自身か~な~り~不安なのです。なので緊急処置のクラスを取りたいなぁ、取らなくてはなぁ、と思いながら伸ばし伸ばしになっていたりします。。

さて、血を滲ませておお泣きしている次男を長男はとっても心配そうに見ていました。そして自分が手に持っていたシールを次男が奪い取ろうとしたときには、次男の泣き顔を見ながらきょとんとした顔で素直に譲ってあげていました(今は次男に逆らわない方がいい、、と感じているようでした)。

そしてまたしばらくすると最近自分が手に入れた大のお気に入りの電池で動く電車(日本から送ってもらったプラレールです)を次男の前で走らせて、「マー、Look!」と。。そして次には組み立ててある線路のところに行って、「マー、Come here,Come here! Look! Let's play!」と言って次男と遊んであげようとします。あきらかに、泣いている次男の機嫌をなんとかして直そうとしてくれている。。

次男はすぐに線路を壊してばらばらにしちゃうし、長男が遊んでいる電車を奪い取って走って逃げたりするので(苦笑)普段長男は次男と一緒に遊びたがらないのです。だから自分からマーに一緒に遊ぼうなんて言ったことがない長男(次男はまだ邪魔をするだけで一緒に遊べるレベルではないので、、)。そんな彼のこの行動。見ていて「あ~、人の気持ちがわかる子供に育ってくれているのだなぁ。」とうれしくなりました。

長男のおかげで次男の機嫌もすっかり直りました♪優しいお兄ちゃんを持ってほんとに次男はラッキーだなぁ、と思います。

「シンが長男でよかったよねぇ」と夫とよく話します。これが反対だったら、、と思うと。。。(苦笑)


1日1度クリックしていただけるととっても励みになりますランキング
関連記事
スポンサーサイト

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。