スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキ作り

 11,2007 01:17

......................................

夜子供たちを寝かせるためにベッドに横になり、さて、ようやく自分の時間!ゆっくりと雑誌でも、、、とわくわくしながら雑誌を開くのですが気がついたら本をおなかに乗せたまま寝てしまっている、、というのが最近の日課です。(苦笑)だいたい9時半には眠くてたまらなくなります。進むページ数は2ページくらいかな。(笑)
朝5時半に起きるとはいっても、9時半に寝るのは早すぎますよねぇ。睡眠時間を6時間くらいにしないと自分の時間なんてまったくありません~。なんとかならないものか、、

さて、リクエストがあったので、先日のディエゴケーキのディエゴの部分を作るのに使ったキャンディーを紹介します~。



↑こういうのです。一般のグロッサリーストアではなく、クラフトストアに置いてあります。溶かして型に入れて作るために出来ているキャンディーなので、とっても扱いやすいです。味はキャンディーではなくってホワイトチョコレートみたい。悪くないんですよ。

チョコレートとは書かれていませんが、見た目はまさにチョコレート、という種類のものもあり、これはイチゴなどをディップして固めるのにもむいています。しかもなかなかおいしいの。

今回は白のキャンディーを溶かして、フードカラーで色づけしたものをディエゴの服の部分に使いました。髪の毛と全体の縁取りは普通のチョコレートです。そして肌の部分は生クリームに色づけしたもの。

ケーキはやっぱり生クリームで、というのが私のこだわりで、、、本当は子供たちはアイシングが大好きで、あのカラフルな色が大好き!だけどやっぱり私があまり好きではなくて、、、それプラス、ゲストの方も私が作るケーキは生クリームだ、と思って期待してきてくれているようなのでその期待を裏切れなくなってしまっているのもあります。(笑)

子供がもう少し大きくなって、呼ぶのは学校の友達のみ、、、という時になったらアイシングのケーキに切り替えてちょっと凝ったデコレーションにしてみようかな?カラフルなケーキはその時のお楽しみにしておこう♪

生クリームだと、凝ったデコレーションはなかなか無理です。まず溶けやすいので時間をかけているとだれてきてしまう。。なので絞り袋に入れたクリームも土台のケーキも何度も冷蔵庫に戻して冷やしながらやる、、などの工夫が必要です。
あと、生クリームは色をつけると、デコレーションしたときに滲んできてしまいます。だから色は基本的に一色が無難。

それから温かいシーズンの外でのパーティには絶対に無理!ですね。溶けやすいので車で移動するときでさえかなり気を使います。

私は生クリームのデコレーションにはココナッツフレークやクッキーの砕いたもの、キャンディーなどを乗せて何かに見立てたり、絵をチョコレートで描いたり、またはおもちゃやケーキトッパーを乗せるなど自分なりに工夫しています。

ケーキクラスではお花のデコレーションやシュガークラフトも習ったのに出番がないまま。(苦笑)

それでも、、、子供のためにキャラクターや楽しいケーキを作ってみたいと思うなら、やっぱりケーキデコレーションクラスはお薦めです。地元でケーキグッズがどこで買えるのかなどの情報を教えてもらえるし、道具の使い方なども学べるし。。。自分で本などを見て覚えようと思うと3倍も4倍も時間がかかりそうなことを、効率よく教えてもらえるのが一番の収穫。クラスで基本を学んだからこそ、応用が利く、、という気がします。

マイケルズやホビーロビー、その他の大型クラフトストアではたいていケーキデコレーションクラスを開催しているようです。プロモーション目的なので値段も安価。価値がありますよ~。

ダメだ、、眠気が、、、限界のようです。。おやすみなさい。。。 

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 3

2007.04.11
Wed
06:19

chiaki #79D/WHSg

URL

popoさん
アメリカで子育てをしていると、本当に文化に触れて親子共々楽しめますね。ウチは、子供がある程度大きくなってから来たから、イースターバスケットも、エッグハンティングもお付き合い程度。誕生日のキャラクターケーキも、遊園地の一部を借りてした時だけかな。それこそアメリカ人の子供だけ、だったので、生クリームではなく、(私は吐いてしまう)アイシング。先日大人の会にしかも外で、生クリームケーキを持っていって、やっぱり溶けないか、崩れないか、かなり気を使いました。アメリカ人には受けているのかどうか?

編集 | 返信 | 
2007.04.11
Wed
07:45

Jacko #79D/WHSg

URL

チョコレートの写真早速どうもありがとうございました!
この間マイケルズに行った時、 ミルクチョコレート色のとホワイトチョコレートのがあったのを覚えています。さっそく買ってきま~す!!!
生クリームのケーキは大好きだけど、来月のケーキは色をいっぱい使う予定なので、多分無難にアイシングになるかもなあ。。。。。と今考え中です。
全てを練習とまでいかなくても、プチ予行練習をして、どういう具合なものかを得てみようと思います。
ちょっと不安だけど、初めてのケーキ楽しみです!ケーキのクラスの情報も早速調べてみたいと思います!

編集 | 返信 | 
2007.04.11
Wed
21:18

popo #79D/WHSg

URL

■Chiakiさん、
ちあきさんのお子さんくらいになると、今度はボランティアで子供の世話をする係りになってきますね!
アイシングは絶対に受け付けられないようですね。。(笑)私はあればちょっと食べちゃいますが、あれは
お金を払って食べたいとは思えないなぁ。
生クリーム、アメリカ人にも好評のことがおおいですよ~。でもこっちの人って生クリームを知らなかったりするんですよね。。
クールウィップで育ってきている人が多いから。生クリームはヘビークリームを泡立てて作るんだよというと
びっくりされたり。。こっちがびっくりですよね。(笑)
■Jackoさん、
そうです、そうです、マイケルズなどで売っています。このチョコレートタイプのものでチョコレートカバードストロベリーを作るとおいしいんですよ~。
味を優先して生クリーム、デザインを優先してアイシング、、難しい選択なんですよね~。素敵なケーキになりますように!
事前に練習しておくのは絶対言い考えだって思います。コツってやっぱりやってみてはじめてつかめるものですもんね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。