スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供は喜ぶ?ミミズケーキ

 23,2007 07:13

......................................

今日は長男の学校で、夏休み中に誕生日を迎える子供たちのためのお祝いをまとめてするということで、私はカップケーキを持っていくことになっていました。

でも、、昨日の夜はクッキングクラブ(タイ料理を習ったのです!詳しくはまた後ほど)があり、帰ってきたのが夜中の12時半、、、そしてまだカップケーキの準備も全然出来ていなかったのです~。

クッキングクラブの場所を提供してくれた友人宅を去る時に、「ケーキどうしよぉ~」と泣きを入れていたら友達がケーキミックスがあるからもって行きな!と、、あ~、ほんとに助けの神とはこのこと。(涙)ケーキミックスがあれば1から作るよりは断然楽です。今回はもうこれしかない!

結局そのミックスを使って夜中の12時半からカップケーキを焼きました。そして今朝早くからアイシングを作ってデコレーション。。。

虫が大好きな長男のために今回はこんな感じにしてみました。



ケーキにアイシングをぬり、その上にオレオクッキーを砕いたものを押し付けるようにしてつけます。あとはミミズのグミを押し込むだけ♪

今日はそのお誕生日のお祝いに私も参加したので、子供たちには私がケーキを配ったのですが、やっぱりみんな「ミミズ入りがいい!」と。(笑)ミミズのないのをください、と言った子はクラスで一人だけでした~。

仕事をしているとなかなかこうやって学校に遊びに行くことが出来ないのですが(アメリカではママたちがどんどんクラスに行って色々お手伝いをしたりしているんです)もう今週で学校も終わり、、少しでも参加したいと思って。。こうやって子供たちのクラスでの様子を見られるのはとっても楽しくて、ほんと行ってよかったです。

私以外にももう一人ママが来ていて、彼女はフルーツカバブ(色々なフルーツを串に刺したもの)を持ってきてくれていました。そのフルーツとケーキをみんなでわいわいと、、、アメリカの学校ってほんと楽しいですねぇ~。長男が学校が好きなわけだ。ちなみに私は学校が大大大っきらいでした!(笑)だからしょっちゅう仮病を使ったりして休んでいて、、、それとはまったく逆で長男は今年皆勤賞。自分の子供だとは思えません。(笑)

ところで、、、昨日会社で行ったベークセール。。一体いくらのお金を集めることが出来たと思いますか?なんと、、、その額750ドルほど!!驚きでした~。

ベークセールをやろうという話を聞いたときは、「え、、、ケーキを売って一体いくらお金が集まるんだろう。。せいぜいケーキひとつに付き10ドルでしょ。。そんな手間をかけるくらいなら募金を集めたらいいのに。」なんて思っていたのです。。それを本当に口に出しかけたのですが、「ケーキを持ってきて、それから募金もすればいいか!」と思い直し、口をつぐんだのでした。余計なこと言わなくてよかった。。(笑)

ベークセールでは、「がんの同僚のためにお金を集めています」というサインを出しておきました。そうすると、「実は僕もガンを克服したんですよ。そして息子も、、、」なんていいながら、募金をしてくれたり、またはそういう特別な理由がなくても「人助けが出来るなら、、」とマフィンひとつに5ドル、10ドルと置いていってくれる人が後を立たなかったようです。。ここまで協力してもらえるなんて思っていなかったのでかなり感動でした。。

私のもっていったケーキも全部売り切れてホッとしました♪

今日はこれから明日のため(少し早いですが長男の学校の終業式があり、その後スナックパーティをするということ)のクッキー作り。今週最後のベーキングタスク。あと一息だ~!

ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪








関連記事
スポンサーサイト

Comment - 13

2007.05.22
Tue
20:11

けいころん #79D/WHSg

URL

お久しぶりです☆
ケーキ、すごいですね。
一瞬、おおおおお!と思ってしまいました。
そしてアメリカの学校の楽しさをのぞかせていただけて
たのしみにしています。
募金、アメリカならではですね。
そういう気持ちって日本ではまだなかなか根付いていません。
残念ながら。
同僚の方、完治に向けて私も遠くよりお祈りしています。

編集 | 返信 | 
2007.05.22
Tue
20:52

elieli #79D/WHSg

URL

ミミズ入りのカップケーキ、すごく斬新ですね!!
子ども達に大人気だったのも分かる気がします~^^アイデアがステキです♪
それに子ども達の喜ぶ姿を直接見る事が出来てよかったですね!
長男クンもママが作ったんだよ~と、鼻高々だったでしょうね^^
べークセールの収益すごいですね~。
アメリカって個人主義だと思ってたけど、実際は違いますよね。
助け合うって事の意味を、アメリカに来て改めて学んだ気がします。
同僚の女性に皆の気持ちが届いて、克服されるといいですね!!

編集 | 返信 | 
2007.05.22
Tue
21:18

犬山田すー #79D/WHSg

URL

ギャーーーーー!
こんにちは、おひさしぶりです。
毎日見てはいるのですが、
今回のケーキにはコメントをせずにはいられませんでした。
子供はよろこぶんですね、こういうの・・・・。
同じケーキでも、一味ちがったものになりますね。
こんなケーキが何気にキッチンのテーブルにあったら、
うちのおじーちゃんおばーちゃんはどうリアクションするか、
見て見たいものです。

編集 | 返信 | 
2007.05.22
Tue
21:39

モカチャ #79D/WHSg

URL

夜な夜なかわいい息子ちゃまの為にカップケーキを焼くPopoさんの姿が想像されます。いつもPopoさんから元気を頂いてます。今日は日本へ転勤になるお友達が引っ越しの途中なので差し入れを持って行ってきました。このお友達には本当にお世話になったので何か気持ちを伝えたかったのです。ベークセールですが何種類も焼く理由には裏があるんですよ。普段なかなか試せないアメリカの超甘いデザートのお試しを兼ねているのです。私は専業主婦をやらせて頂いているので学校のボランティアには週1で行っています。授業参観が定期的に無いアメリカではこうでもしないと何を学校でやっているかわからないっていうのが理由のひとつです。教科書も無いですしね。これにはカルチャーショックもいいところでした。そうじゃなかったですか?週末はBBQにお呼ばれしているのでPopoさんのレシピをトライしてみますね。夏休みはCA行きでしたよね?いつ頃行かれるのかしら?下見して来てください!なんてね・・・笑

編集 | 返信 | 
2007.05.23
Wed
01:08

Cowgirl #79D/WHSg

URL

あははー、ミミズ入りなんですね。
でも、とってもリアルでいい感じに仕上がっていますね。
私も似たような感じのケーキをハローウィーンに学校に
持って行きましたが、子供達って必ずミミズの入っている所を取りますよね。
Popoさんも夜中にがんばったかいがありましたね。
同僚の方、完治なさると良いですね。
義母が肺ガンになったのですが、今は完治しました。
その時にニンジンジュースを飲んで末期がんから完治したお医者さんの本を読んでニンジンジュースや減塩の食事を取るようにしました。
一種の免疫療法の様です。また、主人の同僚が肝臓ガンでした。
残念な事に急に症状が悪化して亡くなってしまったのですが、最後の2週間野菜ジュースを飲み続けていたら、
何とか話せるくらいに奇跡的に回復したので、実行する価値はあると私は思っています。
我が家は毎日は大変なので、週末だけでも家族でニンジンジュースを飲んでいます。
同僚の方はインドにいらっしゃるので食生活事情が違うと思いますが、ひとつのアイディアとして書き込みますね。

編集 | 返信 | 
2007.05.23
Wed
09:52

popo #79D/WHSg

URL

■けいころんさん、
こんにちは♪
日本でこういうケーキを出したらどういう反応になるのでしょう?
ぜひトライしてみてください!(笑)
大人はさておき、、きっと子供たちは喜んでくれるのじゃないかなぁ。
そういう気持ちって日本では根付いていない、、って、、ほんとにそうですよね。
日本は自分のことで精一杯という感じがすごくしてしまいます。
田舎に行けばまた違うのでしょうが少なくとも都会では。。
私もこちらに来てボランティア精神を学ばせてもらっているという感じです。
やってみると助け合うってほんと気持ちがいいものなんですよね~。
■elieliさん、
こういうケーキ、ハロウィーン時期には結構見かけるのですけれどね。(笑)
ハロウィーンだけに限定しなくってもいいですよね!
ほんとに昨日は学校でのパーティに一瞬だけれど参加できてよかったです。
子供たちがみんなかわいくて、なんだか幸せな気分になりました♪
実際は個人主義じゃない、、、確かにそうかもしれないですね~。
「個人主義」なところは「他人に干渉しない=他人の個性を認める」ということで、
「困っている人を見殺しにする」、という意味じゃないのですよね~。
こちらに来て最初は戸惑うこともあったけど、今はここの人間関係が
心地よいです♪
■すーさん、
毎日来てくれているのね~。ありがとう!(笑)
子供はこういう気持ち悪い系、、好きですよねぇ。
ヤッキー!とか言いながら大喜び、という感じです。
日本のおじいちゃん、おばあちゃんが見たら、、、あはは、、その光景を
想像して笑ってしまいました!!!
■モカチャさん、
夜な夜なって、、なんだかその言葉に受けちゃいました。(笑)
昨日はクッキーも無事焼いたし(出来はおいておいて、、)やっと一息です。
あとは今週が終わってくれれば夏休みなのでしばらくのんびり出来ます~。うれしい!
デザートのお試しを兼ねている、、、それ納得です!普段は作っても食べられない味だったら
どうしよう、、と思うと怖くて冒険できないですもんね~。
その点アメリカ人なら大抵のものはおいしいと食べてくれる。。(笑)
学校でそうやってボランティアされているの、とってもうらやましいです。
仕事をしていると私には憧れなんですよ~。
アメリカは教科書、、ないのですね?
うちはまだキンダーなのでよくわかってなくて。。
うーん、面白いですよねぇ~。
CAには6月の終わりから7月の頭にかけて行ってきます♪
待ちきれません~!
■cowgirlさん、
そうそう、こういうケーキってハロウィーンにはかなり出回りますよね!
やっぱり子供たちは好きですよね~。
にんじんジュース、、なんだか効きそうですね??
生のにんじんを搾って飲むのですよね??
教えてくださってありがとう、、ぜひ同僚に伝えてみますね!!

編集 | 返信 | 
2007.05.23
Wed
20:03

Pooh #79D/WHSg

URL

ミミズケーキ・・・ダメだ・・・(涙)。
ビジュアル的に気持ち悪い系はダメなのです(でも納豆食べるけど)。
子供は好きなんですね。
誰かのために毎日ベーキングするpopoさん、すごすぎる・・・。私なんて自分のための毎日の料理だけで精一杯です。
ベークセール、そんなに売り上げがあったなんてすごいですね!ケーキとかマフィンとかのスイーツで、ですよね?でも・・・私は自分で焼く事は出来ないけど、そういう機会に遭遇したら、やっぱりマフィン1つに$10くらい置くかもしれません。だってそういう事って、する事が気持ちいいですもんね。企画する方に参加出来たら、もっと気持ちいいと思います。
そういう機会がたくさんあると、普段なかなかチャンスがない・・・という人(私のような人)も気軽に参加出来るし、すごくいい事ですよね。
日本で言うボランティアって、もっと肩肘張ってて堅苦しくて、ちょっと息苦しい使命感みたいなものが漂ってる事があるけど、こちらにいると、もっと気軽なものなんだ、っていう感覚があっていいなあと思います。

編集 | 返信 | 
2007.05.24
Thu
10:31

popo #79D/WHSg

URL

■Poohさん、
えー、ダメ?(笑)
大丈夫、一度食べたら慣れるよ~。
ベーキングってほんと、ある程度慣れたらそれほど大変じゃないんですよ。
もちろんパティシェが作るような凝ったお菓子はものすごく手間がかかっているけど、
焼きっぱなしのお菓子はほんと楽チンです。
ベークセールはケーキ、マフィン、クッキー、ペストリー、、それくらいでしたね。
実は二日目にはもっと稼いで(2日間の予定だったのです)1700ドル以上にもなったそう!!
すごいですよねぇ~!
Poohさんみたいに、10ドルくらいいれてあげよう、、って思ってくれる人、
結構たくさんいるのですよね。。ほんとみんなおおらかです。
日本人ってすごく失敗を恐れる人種ですよね。それはもう失敗をしたら怒られる
(例えば上司に怒鳴られるとか先生や親に怒られる、、とか)環境で育っているから
仕方がないことだと思うのだけど、、でもそれって悲しいなぁって思うんです。
こういうボランティアの企画だって、私も「企画して誰も手伝ってくれなかったらどうしよう、
失敗したらどうしよう、、」ってつい考えちゃうんですよ。それが自分から企画できない
原因じゃないかなぁ、って思ったりします。
克服したいんですけどね。

編集 | 返信 | 
2007.05.25
Fri
06:29

ろくろく #79D/WHSg

URL

ぎゃー、ミミズが飛び出てる~
こういうグミ、見慣れてないせいか、多分わたしはダメだと思うんですが、これは大人だけなのかしら?過去の経験から想像が膨らみすぎて余計に気持ち悪いとか?
子ども達、ミミズ入りを楽しんでくれたんですね
夜中の12時半から焼いて朝早く起きてアイシングして・・・恐れ入ります、元気なママさん。
ほんとアメリカの学校楽しそうですね、わたしもそんな学校だったら楽しく通えたかも~。(わたしも学校嫌いでした、特に小学校が・・・)

編集 | 返信 | 
2007.05.25
Fri
06:30

ろくろく #79D/WHSg

URL

ぎゃー、ミミズが飛び出てる~
こういうグミ、見慣れてないせいか、多分わたしはダメだと思うんですが、これは大人だけなのかしら?過去の経験から想像が膨らみすぎて余計に気持ち悪いとか?
子ども達、ミミズ入りを楽しんでくれたんですね
夜中の12時半から焼いて朝早く起きてアイシングして・・・恐れ入ります、元気なママさん。
ほんとアメリカの学校楽しそうですね、わたしもそんな学校だったら楽しく通えたかも~。(わたしも学校嫌いでした、特に小学校が・・・)

編集 | 返信 | 
2007.05.25
Fri
08:59

popo #79D/WHSg

URL

■ろくろくさん、
あれ?ダメですか?ごめんなさいー!(笑)
でも、、、私もやっぱりちょっと気持ち悪いと思ってしまうかも、、だって自分でこのグミを食べようとはやっぱり思えませんもん。(笑)
ろくろくさんも学校嫌いでしたか?日本の小学校って学校嫌いになる要素がすっごくたくさんあったと思うんです。。まずは嫌いなものを無理やり食べさせられたこと(好き嫌いが多かった私には本当に苦痛だったんです)、体育の授業と運動会も運動おんちの私にはかなり苦痛でした。。辛い子供時代だったなぁ。(苦笑)一つだけ良かったことといえば、もう学校に行かなくていい今に感謝できることかな。

編集 | 返信 | 
2007.05.25
Fri
15:10

ろくろく #79D/WHSg

URL

popoさん、二重投稿、ごめんなさい、またやっちゃったです;
そして、学校嫌い、特に小学校! おんなじです~、共感♪
そうそう、給食のおしつけ(牛乳とかもアレルギーの子考慮してませんでしたね。私はどうも乳糖不耐らしいと、大人になって実感してて、今でも怒りこみ上げてきますよ プンッ!)
運動も苦手だったので、無理やり順位をつける徒競走や失敗すすると吊るし上げられる団体競技、鉄棒、どれを取っても苦痛でした。
どうも”強制”というのがイヤだったようで、大人になってからは運動するのも楽しいと感じたし、大嫌いだった音楽も好きになったし。
しいて言えば、強制する、自分が信じ込んでいるものを強制する教師というものが、嫌いだったようです。正しいことしか言わないけれど、実情あんただってそんなことないだろーって、冷めたイヤな子どもでしたね(笑)
中学もそんな感じでしたが、高校になって初めて学校を楽しいと思いました(笑)、大学はもう天国、遊びすぎちゃって(トホホ)
ほんと、今は自分のペースで暮らせるから、夫に感謝なのです。

編集 | 返信 | 
2007.05.26
Sat
22:41

popo #79D/WHSg

URL

■ろくろくさん、
あー、わたしたち似てますね!(笑)小学校時代にあっていたらきっといい友達になれただろうに。。残念です。(笑)
ほんと、私も給食のことを考えると今でも怒りがこみ上げます~。掃除の時間、まわりでみんながほうきで床を掃いていた中、無理やり食べさせられていたのですもん。不衛生この上ないですよね~!
運動会なんてほんとにさらし者、、、嫌で嫌でたまりませんでした。あれは屈辱です。。
でもお互い今に感謝できるのは幸せなことですね!(笑)どんなことにでも意味はあるものですよね。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。