スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい学校へ

 31,2007 12:27

......................................

日記のタイトルは関係ないですが、、、
ふと外を見ると鹿が遊びに来ていました♪
かなり大きい鹿、、、こんな動物が家のまわりをうろうろしているというのは
自分が育った環境ではあり得ないので、今だになんだか不思議な気がします。
つぶらな目でジーっと見つめられてしまった、、(笑)



さてさて、、本題に。(笑)
実は次男を別のプリスクールに移すことにしました。そして、、、もう今週からその新しい学校に通い始めています。
1歳半の時からモンテソーリスクールに入れていて、今まで特に疑問を感じたこともなかったのだけど、、2週間ほど前に学校から貰ってきた手紙をきっかけに色々考えてしまうようになって。

ちょっと長くなるのでこの先は興味のある方のみどうぞ!

↓↓

本当は3歳になったら上のプライマリークラス(3歳~5歳までの子供が一緒のクラス)に移ることになっているのですが、オムツがはずれないうちはトドラー(幼児)クラスに残らなくてはなりません。でもうちはまだまともにトイレトレーニングも始めていない状態で、、

今まで先生からも特にせかされることもなかったので、なんとなくのんびりしていたままでした。それがある日学校から手紙が来て、、内容は「マーはそろそろ3歳を過ぎ、クラスで一番大きな子供になりました。今のクラスにはもう大きすぎるし、小さい子たちの中にいるといらいらすることも多いようでよく癇癪を起こしています。早く上のクラスに移す必要がありますが、トイレトレーニングはいつから始められますか?」などという内容。。

今までトイレトレーニングについて学校から個人的に話があったわけでもないし、それほどクラスでいらいらしているという話も改まって聞いたことはありません。なのにいきなりこんな手紙をもらったことでちょっと戸惑った、、、ということも確かにあります。でも学校を変えようと思った本当の理由は別にあります。

その手紙がきっかけになっていろいろと考え始めたのは確かですが、実際の理由は「モンテソーリは長男にはあっていた気がしたけれど、次男にはどうなんだろう??」とふと思ってしまったこと。

次男は何か興味のあることを見つけて一人でもくもくと作業する、、、というタイプでは全然ありません。人懐っこくて、みんなでわいわいやるのが好きなタイプ。たとえば、「さぁ、一緒に踊りましょう!」というと「イエーイ!」と輪に入ってきて喜んでのりのりで踊ってしまうような、そんな子です。(笑)

だから、、おとなしくワークするよりも、みんなと一緒に楽しくアクティビティに参加できる、そんな場所のほうがあっているんじゃないかなぁ~って。

そう思い始めると性格柄じっとしていられないもので、、(笑)あるプリスクールに早速見学の申し込みをして、行ってきました。

そのスクールは長男が生後2ヶ月半から2歳半になるくらいまで通った学校で、当時とっても気に入っていました。設備等がよくカリキュラムもしっかりしている人気のある学校で、、でもそれゆえに月謝がかなり高くて、二人目ができる直前に「二人をここに入れるのはきつい」と移ることになってしまったのでした。それでなくても乳児は高いのです!(ちなみに乳児の月謝は当時月850ドル以上でした。。)

でも今なら長男も公立の学校に通い始めて少しは楽になったことだし、次男も3歳になっているので幼児ほどは月謝が高くないので何とかなるかな、、と思って。

そして見学に行ったら、、、そこでもう「ビビビ!」と来てしまったんですよ。(笑)学校に入った瞬間に、長男がここに通っていたころの良い思い出がぱーっとよみがえってきて。。なんだか懐かしさで胸がいっぱいに。

最初の子供を、しかも3ヶ月にも満たない子供を預けるというのはやっぱりかなり精神的にきついものがありました。でもここでは長男をほんとにかわいがってくれて、、ある意味私は先生方を家族のように感じていたほどでした。それを思い出してうるうると。(笑)

次男が入ることになるだろうクラスものぞかせてもらいましたが、広々としていて、そして先生方が楽しそうに仕事をしているのが何より印象的でした。

あ~、もうここしかないな、、、なんて思ってしまったのです。(笑)こういう直感ってすごく大切だと思うので、、もうその場ですぐに申し込みをして帰ってきちゃいました。

心配していた月謝も、私の会社での割引がきくということで少し安くなるということ(以前より割引率があがっていた)。もちろんそれでも少し高いかな、、と思う値段なのですが、朝ごはんもランチも出してもらえての値段だと思うと、、、価値があると感じました。

今までの学校は朝ごはんはもちろん出してもらえないし、持って行って食べさせるのも禁止、、、でも毎朝6時半に子供たちを起こし、すぐに朝食を食べさせるのは至難の業で毎朝格闘だったのです。これから開放されると思うとうれしくて。

しかもランチも持っていかなくていいので作らなくてもいい、荷物も減る、そして学校から帰ってきたあとの洗い物も減ります。。なんてことない事柄に思えるかもしれませんが、働いているとこういう負担が減るだけで全然気持ちが違うのですよね。

ランチ、、本当は学校で出されるランチなんてそれほどすばらしいものではないけれど、今も結局毎日同じようなものしか持たせてあげることができないでいるので、今の状態を考えると、とりあえず栄養バランスを考えてくれている給食のほうがまだましかな、、、って。少なくとも今よりはバラエティ豊富なものを出してもらえるので、少しでも食べず嫌いが直ってくれればなぁ、なんてちょっと期待したりもしています。

このプリスクールは、キンダーと1stグレード向けのサマーキャンプもやっていると知り、ついでに長男もここでサマーキャンプに入れることにしました。なのでこれから3ヶ月半は一箇所に連れて行けて、しかも二人ともお昼ごはんを出してもらえるのでほんとに楽させてもらえることになりました~♪

昨日はじめて二人をこのプリスクールに連れて行ったわけですが(夫が連れて行った)、次男は思ったとおり、夫に「バイバーイ!」と手を振り、振り向きもせずにクラスに消えて行ったそうです。(笑)
この3歳児、、すごいなぁ。もしこれが自分だったとしたら、、親とはなれて、しかも新しいまったく来たことのない場所、見たこともない人だけがいる場所に残されるって不安に違いないと思うのです。それが彼はまったく動じない。。。すっごく不思議です。
度胸があると喜んでいいのか、鈍いと心配したほうがいいのか、、どっちなんでしょう?(笑)

そして長男、、彼は小さいころはこういう環境の変化に弱かったけれど、今ではすっかり社交的になって平気になったから問題ない、、と思っていたのですが、、一日が終わって感想を聞いてみると、とりあえず「楽しかった」とは言うのですがなんとなく不安げ。

どうやらもう顔見知り同士の子供たちが多いようで、入っていきにくいみたいです。朝ごはんも出してもらえるはずなのに聞いたら食べてないって言うし、、

よくわからないのだけれど、勝手がわからず食べ損ねちゃったのかな、、と思うので今朝はケアギバーさんに気をつけてみてくださいとお願いしておきました。
早く慣れて目一杯楽しんでくれるようになりますように。


ランキングにクリックしていただけるととても励みになります♪

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 5

2007.05.30
Wed
13:38

犬山田すー #79D/WHSg

URL

なるほど~、そんなことがあったんですね。
次男君はうちの娘と同じタイプですね、うちもすごく社交的で、友達と遊んでいたら親はイラナイって感じなんです。それにしても、乳児の月謝はすごいですね~~!うちのアパート代以上しますよ(汗)。それから考えると、日本の保育園は安いですね。(収入の額に決定されるけど)
子供本人が心地よくいられる場所を提供できることが親にとっての希望ですよね。

編集 | 返信 | 
2007.05.30
Wed
15:10

ろくろく #79D/WHSg

URL

いままで何の相談もなくいきなりフォーマルにお手紙が来るとういうのは、ちょっとなんかコワイかも;;;
朝から夕方まで預かってくれるのであればこちらで言うデイケアナーサリーに当たると思うのですが、トイレトレーニングが厳しい話、あんまり聞きません、アメリカのプリスクールは所によっては大変なんですねぇ。
それが理由でなかったとはいえ、結果として、次男君がHappyでママにとっても少しでも助かる条件で預けられることになってよかったですね。
モンテソリー、向き不向きがあるの、よく分かります
(^^;)
知人のお子さんは2歳過ぎでその幼稚園に体験に行きましたが、全然ダメで(厳しすぎる雰囲気にホールに入るだけで泣いてしまう)「あんたは半年後に来て」と云われちゃったそうです、結局合わないということで止めちゃったみたい。
次女で物怖じしない子だったんですけどねぇ。。。

編集 | 返信 | 
2007.05.31
Thu
09:34

popo #79D/WHSg

URL

■すーさん、
ふふふ、、すーさんの娘さんもうちと良く似たタイプなんですね。
社交的な子って見てて楽しいですよね~。
乳児の月謝、、、ほんとにすごいでしょう?保母さん1人につき赤ちゃんは
4人までしか見ないので割高なんですよね。。
日本の保育園はほんとに安いですよ~!っていうかここが高すぎるのかと
思いますが、、日本での値段はうらやましいです!
■ろくろくさん、
モンテソーリはこういうところ、とっても厳しいんです。。
でも私は「そんなにあわててオムツを取らなくっても。。?」なんて思う
のんびり派で。。(笑)
確かにモンテソーリはあうあわないが結構あるようですよね。
その厳しさが魅力ではあるのですが、、むずかしいですね。
次男は新しい学校にとっても楽しそうに通ってます♪
朝ごはんを食べさせてくれるのはほんと助かります~。

編集 | 返信 | 
2007.06.04
Mon
02:47

Berry #79D/WHSg

URL

しばらく忙しくてブログ拝見できなかったのでこんなに遅くにコメント残してごめんなさい。次男君、モンテソリーに通ってたんですね。うちも長女を2歳になる2ヶ月前からモンテソリーに入れたんです。小さなデイケアからいきなり30人のお友達の中に入ったので最初の1ヶ月は朝だけ泣きました。私がいなくなったらけろっとしてたみたいですけど。
正直プリスクールとモンテソリーの違いがよくわかってません(恥)ただ見学に行ったときに「失敗から学ばせる」「年の違う子を混ぜて年上の子から学ばせる」っていう方針に惹かれたんです。でも確かに合う合わないはあるんでしょうね。うちは多分モンテソリー向きかとは思うんですけど正直まだ2歳にもならないのでわかりません、、、モンテソリーって厳しいんですか?
それにしても次男君すごいなあ。学校変わっても物怖じしないなんてすごすぎる。男の子はそのくらいどっしりしてたほうがよくないですか?

編集 | 返信 | 
2007.06.04
Mon
10:55

popo #79D/WHSg

URL

■Berryさん、
こんにちは♪
娘さんはモンテソーリに行かれているのですね!
うちの長男も2歳半からキンダーに上がるまでモンテソーリに通いました。
彼にとってはよかったのじゃないかな、、って思っています。
キンダーに入るときにはもうキンダーで習うことはすべてモンテソーリで
教えてもらっていた、、という感じです。
だから退屈するのじゃないか、、と心配したりしましたが、彼にとっては反対に
「わかる」ということが自信につながって、楽しかったみたいです♪
次男は1歳半から現在(3歳)まで同じくモンテソーリに通い、
やっぱりすでにアルファベットも全部覚えているし、数も30くらいまで
数えられます。(これが早いのかどうかあんまりよくわかってないのですが、、)
モンテソーリでも学校によって色々あるだろうし、プリスクールにも
色々あるのだと思いますが、基本的にモンテソーリは早期教育、、という感じがします。
2歳からアルファベットを教えたり、地図を教えたりだとか、、そういうことを
早めにイントロデュースしている感じです。
私も実はモンテソーリについてそれほど詳しくないまま息子たちを学校に
入れたし、今でもよくわかっていなかったりします。(笑)
ただ、長男は早くから学ぶことにとても興味を持っていたので彼には
なるべく早くから色々なことを教えてくれる学校がいいなぁって思って
入れたのでした。
でも次男については、、長男が通っているからという理由で何も考えずに入れたので、、
それで今頃になって色々考えたんですよね。
あとモンテソーリは色々な面で厳しいというのはやっぱり確かですよ~。
例えば食べ物についても、一般のプリスクールは毎日クッキーとか甘いマフィンとか
食べさせますが、モンテソーリではそういう甘いものは一切禁止でした。
これはアメリカの学校では異例というかかなり珍しいです。
ランチに持ってくるものもかなり細かく色々と指示されました。ヨーグルトもだめだとか
フルーツもフレッシュじゃないとダメ(フルーツカクテルとかはX)だとか、、
そうやって甘いものを制限してくれるのはとても有難いことだと思っていました。
早期教育がいいことなのかあまりよくないことなのか、、
これもすごーくいろんな説がありますよね。私も正直何がいいのかなんて
全然わかりません。(苦笑)
でも長男はあの学校でよかったのじゃないかな、、って思っていますよ~。
学校ってやっぱり楽しいだけでもダメかもしれないですもんね。
ほんと、教育については色々と悩みますよね~!!

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。