スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューメキシコ旅行4日目・ゴーストタウンなど

 24,2009 23:19

......................................

朝8時~9時に、プライベートのお風呂を予約していました。

入り口はこんな感じ。

09_11_24_01.jpg

一人でのんびり、、、
3つあるプライベートのお風呂のひとつ、一番温度が高いRioという部屋を予約したのですが
これがとってもよかった!
お風呂から常にお湯が川に流れ落ちているのだけど、その音がほんと、、癒されるのです。
山が見えるのも日本を思い出すようで、、

09_11_24_02.jpg

それにやっぱりプライベート、、落ち着きますね。
本を持ち込んでのんびり一時間半身欲を楽しみました。
冷~っとしたそよ風が顔に当たるので、のぼせることもなく快適。。
露天風呂のよさってこれだったなぁ~、、、って思い出しました。

日本を離れてあきらめざるを得なくなったことって、、この体験だなぁ。
家でお風呂に使っても、こっちでは追い炊き機能なんてもちろんついていないので、
お湯はあっという間に冷めてきてしまうので、ゆっくりと時間をかけてお風呂につかることができないのですよね。
かといって外に公共のお風呂なんてもちろんないし、、、

今はダラスに韓国系スパが出来たこととが、すごくうれしい。
熱めのお湯のお風呂もあるし、色々なサウナもあって体の芯から温まれるので、
冷え性にはほんと、ありがくて。
ダラスまでは車で3時間ほどもかかるので、そう頻繁にはいけないけれど、
思い立ったらなんとか行ける距離、、というだけでほんとうれしい。
(実は今週末に女4人で行く予定!)

さて、、お風呂にゆっくり使ったあとは家族で観光に出発。
まずは近所のメキシカンレストラン(La Pinata)で朝ごはんを、、

09_11_24_03.jpg

チリレリノがおいしかった!
しかしメキシカンフード、、どれをとっても同じに見えちゃいますね。

09_11_24_04.jpg 09_11_24_05.jpg


その後向かったのはゴーストタウン!
本当にどこに続いているんだろう、、、と不安になるような何もない道を延々と進むと到着します

↓延々こんな道。。

09_11_24_06.jpg

ようやく到着。
ゴーストタウン、、、というほど怖い雰囲気ではなく、
人が住んでいる家もあります。

二人とも(特に次男)なぜかこのふるーーいトラクターが気に入り、
ずーっと乗っていました。

09_11_24_07.jpg


ミュージアムとギフトショップがあったのだけれど、鍵がかかっていて、、
しばらくうろうろしていたら、隣の民家の人が出てきて、
今ミュージアムの人に電話しておいたから、もうすぐ来るわよ、、と。(笑)

09_11_24_08.jpg

しばらくすると、ゴルフカートのような車にのったおばあさんがやってきて、ミュージアムを案内してくれました。

もともとはシルバー採掘で栄えた町だったのだそうです。
そのころに使われていたものが色々、、展示されていました。
当時の人が来ていた服などもあったりして、そのころの暮らしを垣間見ることが出来ます。

ジェネラルストアだった建物がミュージアムになっています。

09_11_24_09.jpg

話を聞いていると、このおばあさんとそのご主人の二人が
この町にやってきてからここに残っていた色々なものを整理し、陳列して
このミュージアムを作ったとか、、

歴史を残さないと、、、とおっしゃっていました。
でもこの二人がいなくなった後は、、どうなってしまうんだろうな。

隣のギフトショップはもとサルーン&ダンスホールだったとのこと。
小さい建物なのだけど、、、栄えていた当時はどんな様子だったのだろう、、
タイムマシーンがあったら戻って実際に見てみたい。

ここでは地元の人たちが作ったハンドメイドのものが色々と売られていました。
毛糸から手作りだというニットの帽子だとか、キルトだとかアクセサリーだとか、、、

私はここで採られたハニーや、グリーンチリパウダーなど、、お土産用に買いました。
一般のお土産やさんより断然安くてうれしかった。


さて、、、
この後、夫がどうしても行ってみたい、、、といったVLA(Very Large Alley)へ行こうと思っていたのだけど、
近道に見える道は舗装されていないとか。。
で、お店の人にどんな道なのか、、、と聞いてみると、
普通の車でも十分走れるし、景色もいいしお奨めよ、、と。

と言うわけで思い切ってその道を行ってみたのだけど
途中で不安になるほど延々と何もない道が続き、、、

09_11_24_10.jpg

↑前も後ろも右も左も延々とこんな感じ。
荒野だから生き物もほとんど見かけず、見たといえばこの鹿たちくらいでした。

1時間以上もがたがた道を走ったかな、、、その間なんと対向車は1台のみ!
途中にあったものと言えばいくつかの牧場のみで。。
これほどひとっけのない、何もない道を走ったのは初めてでした。
夜は絶対に無理!かも。きっと本当の暗闇です。
あと、トラックや4WDだったらよかっただろうけど、普通の車ではやっぱりちょっときつかったかな。
走りきってしまった今では、面白い経験だったな~、なんて思うけれど。

無事VLAに到着。
ここは「コンタクト」という映画が撮られた場所。
巨大なサテライトディッシュがたくさん並んでいます。
よくわからないんだけど、宇宙の研究をしているところ、、なんですよね?(笑)

09_11_24_11.jpg

もっとゆっくりと見て回りたかったのだけど、日が暮れる前にもう一箇所行きたいところがあり、、、
足早に見て回って施設を後に。

09_11_24_13.jpg 09_11_24_12.jpg


夕暮れまでにたどり着かなくてはならなかった場所は、、

Bosque del Apache、、、、というところ。

ここでは鳥たちが日の出とともに一斉に飛び立ち、夕日が落ちると同時に帰ってくるそうで、、
今が一番よいシーズンなのだそう。

もう夕暮れに間に合わないか、、、と思いながら急いだのだけど、何とか間に合いました。
すごい望遠レンズを持ったカメラオタクのような人たちがたくさん。。

09_11_24_14.jpg 09_11_24_15.jpg

次々と鳥たちが帰ってくる姿はとってもきれいでした。
貴重なものを見たなぁ、、、という気持ち。

09_11_24_16.jpg 09_11_24_17.jpg

↑どんどん飛んできて、みんな川(沼?)に降りてきます。


さて、、昨日のイタリアンレストランから持ち帰った残り物があったので
夫と私はそれを食べようということに。
マーケットによって子供たちに食べたいものを選ばせて、、
長男はインスタントラーメン、次男は缶に入ったあたためるだけのマカロニチーズ。(笑)それからキャンベルのヌードルスープ。
缶のマカロニチーズは変なにおいがする、、、といってあまり食べませんでした。
まずいよね、、、わかる、わかる。。

夫と私はマーケットで仕入れたローカルビールを飲みながら
昨日の残り物のパスタやピザを。


ここのホテルにはファミリールームが二つあるのだけど
ひとつはキッチン付、もうひとつはキッチンなし。キッチンなしのほうはバスルームは広めだし
ベッドルームは二部屋に分かれています。


私たちはキッチン付、ベッドルーム1つの部屋を希望していたのだけど、一泊目はそこに空きがなく、
一日目だけはキッチンなし、2日目からはキッチン付に移してもらったのです。
で、、、私たちのような子供が小さい家族にはやっぱりキッチン付、ベッドルームひとつの部屋がよかった。
キッチンは広く、大きなダイニングテーブルもあり、とっても使いやすくて、、、
またくることがあれば迷わずこの部屋にするでしょう。

またまた私は一人でお風呂に行かせてもらい、今は体も温まってぬくぬくとしています。
温泉、、最高。(笑)


ランキングに応援のクリックをいただけるととっても励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。