スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫担当・エンチラーダディナー

 28,2010 23:49

......................................

少し前のある日の夜御飯。
夫にリクエストして作ってもらった、エンチラーダです。

10_02_27_01.jpg 10_02_27_02.jpg

半分はチキン入り、もう半分はチーズのみ(夫用)

サイドには、サイコロに切って揚げ焼きしたポテト、
リフライドビーンズ、メキシカンカンライスを。

シラントロ、サワークリーム、アボカドも添えて。

メキシコ料理、たまーに無性に食べたくなります。

でも、、、レストランでメキシコ料理を食べた次の日は
体重計に乗るのが怖い!
明らかに体重が増えます。
きっとアメリカで食べるメキシコ料理はものすごくカロリーが高いのと、
あと塩分が多いので体がむくむのもあるのだろう、、と思うのだけど。

でも家で作ればカロリーは調節できるし(チーズの量を減らしたり、
リフライドビーンズをノンファットのものにしたりして)
外食ほど心配しなくてすみます♪



さて、週末も終わり。
今週末は予定が色々と入っていて、全然休まらなかった~。
でもいくつか役目を果たしたので、ちょっとほっとしています。

面倒だと思うことも、やってみれば意外に楽しかったり、
または少なくとも何か勉強になることがあるものです。


ダイエットは停滞期、、
サボっているわけではないのに、この二日ほど体重が落ちません。

何度も何度もダイエットをしてきて、わかったことなんだけど、
停滞期って必要なんですよね。
普通はダイエットにはリバウンドはつき物。
体って平常を保とうとするので、急に体重が減るとそれを何とかもとに戻そうとします。

だから体重が落ちても、その後以前と同じ食事に戻せば、体重も一気に逆戻りして
苦労が水の泡、、と言うことになりかねません。
これ、健康の証といえばそうなんだけど、、困ったもの!(笑)

停滞期というのは、ダイエットの努力がその「体が元の体重に戻そうとする力」と戦っているときなんですよね。
停滞期を乗り越えれば、その時の体重が体に「平常の体重」として認められるので、
その後はリバウンドしにくくなりますし、引き続きがんばればまた体重が落ちる時期がやってきます。

だから体重が減らない時期が来ても
「何で減らないの~?」といらいらする必要はなく、
「次へのステップに必要な過程。よしよし、来たか、、」くらいに思うといいのですよね。


今日の夜は豆乳バナナではなく、夕食をほんの少しですが食べてしまいました~。
明日は体重、、ちょっと増えちゃうかな。

でもめげずに引き続きがんばります!


ランキングに応援のクリックをいただけるととっても励みになります
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
スポンサーサイト

Comment - 2

2010.03.01
Mon
11:27

Mimi #-

URL

Popoさん、偉いな~。私もアメリカに来てから3キロも太り、今では158cmで51キロと日本では「太め」に入る体になってしまいました。3キロを落とすのって本当難しいのですが、私もPopoさんを見習ってがんばってみます。ただ料理も食べる事も大好きなのが問題なんですよね~。あージレンマです。一緒にがんばりましょう!!

編集 | 返信 | 
2010.03.01
Mon
17:42

popo #-

URL

■Mimiさん
それで日本で太めに入りますか??入らないと思いますよ~!
こちらでは確実に「ほっそいわねー!!」って言われますよね。(笑)
私も食べること大好きです。
だから、、ダイエット中もいつも「ダイエットが終わったらこれとあれとこれと、、あれも食べるぞー!!」って考えながらがんばってます。(笑)ダイエット中もそうでないときも、考えているのは食べ物のことが大半です~。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。