スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のカルボナーラ/長男が一年生に

 25,2007 00:47

......................................

今日は夜少し用事があり、帰りが遅かったのでディナーは手早く出来る簡単なパスタ料理、カルボナーラに。

23_01.jpg


いつも適当に作るのだけど、、最近はコツも覚えて上手にできるようになったのでぜひ分量をチェックしてレシピをアップしたいな。
こってり過ぎず、かといってあっさり過ぎず、しかも卵が固まりにくい、、そして卵アレルギーの次男(もう最近は克服されているようなのだけど、生っぽい卵はまだ抵抗があるので)にも対応!というなかなかお奨めな作り方なんですよ。

パスタをゆで始めます。フライパンで油なしでベーコンをカリカリに炒めたらオリーブオイルとみじん切りのガーリックを投入(ガーリックをはじめから入れてしまうと、ベーコンがかりかりになる前にこげてしまうのです)、香りがたったら生クリームと牛乳(生クリームだけだとちょっと重いので私は牛乳を足します)を入れて少し煮詰めます。塩コショウとパルメザンチーズで味付けをします。

茹で上がったパスタをソースが入ったフライパンに入れて絡めたら火を止めます。卵アレルギーの次男用にはここで取り分けます。
この後卵黄を投入し、さっと絡めたら出来上がり。

この方法だとだまにもなりにくくてお勧めですよ~。また、卵なしの次男用でも十分おいしいです。

------------------------------------

長男は来週からこちらの小学校1年生になります。
ぴっかぴかの一年生、、、とは言っても日本のように大げさに扱われることは全然ないのです。なんかちょっと寂しい。
入学式もなければ買い揃えるものも文房具くらい。
こちらでは幼稚園から小学校5年生までが同じ校舎なので、去年と同じ学校だし、、それほど特別という感じもしないのです。
日本のあの入学式にあこがれるけれど、子供も自分たちも着る物の心配をしたりしないといけないし、、お金がかかりますよね~!それを考えるとこちら式でいいかな??

今夜は学校のオープンハウスというのがありました。夕方5時半~7時半の間に学校を訪れ、クラスと先生を確認します。もちろん教室にも言って実際に先生と話したり、指定された文房具を持っていって準備したりします。

担任の先生は私たちが第二希望で出していた先生でした(我が家の学区では夏休みが終わる前にオブザベーションディとういう日があり、子供の次の学年の先生たちの授業を見学して希望の先生を指定出来るのです。これは大々的に学校全体にお知らせがあるわけではないため、この制度について知っている人のみが参加できるというちょっとわけありっぽい制度なのですが、、また、希望を出したからといってそのとおりになるというわけではなく、最終決断は校長にあるということです。)。

経験も長く、よさそうな先生で安心です。授業を見たときにも教え方がとても上手だという印象を受けました。
長男がキンダーだったときの先生にもご挨拶に行ったのですが、彼女も「あの先生は1年生の学年でベストな先生よ。よかったね~!」と言ってくれたのでさらに安心。

前のクラスで中のよかった男の子が同じクラスになっていて、長男はうれしいようなホッとしたような顔をしていました。

これからの一年、、、息子がどんな風に成長してくれるのか、、楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 5

2007.08.24
Fri
10:04

gengen #-

URL

そうそう、このカルボナーラ!popoさんが以前紹介されてたものですね。
作り方が今ひとつ想像できなかったので、作り方なしでも紹介してくださってよかったです~v-271
ぜひ、試してみますねv-237
長男くん、1年生おめでとうございます。
成長ブログたのしみにしてま~す♪

編集 | 返信 | 
2007.08.24
Fri
12:39

Chico #2zdes0kI

URL

美味しそう~♪
カルボナーラ、しばらく食べてないんですよねぇ。
長男くん、1年生ですか~。
しかし先生を選べるってのもアメリカならではですよねぇ。うちの主人はCAの教育制度はダメだ~っていつも言ってます。
それにしても楽しみですね♪

編集 | 返信 | 
2007.08.24
Fri
14:24

popo #-

URL

gengenさん、Chicoさんへ

■gengenさん、
カルボナーラの作り方は徐々に変わってきているのだけど、今回は「これかな??」という作り方になったんです。(笑)
本当はパスタをお皿に持ってから生卵を乗せようかな、って思ってたのだけどちょっと計画変更。これがなかなかよかったので、、ぜひぜひ試してみてください!

長男の学校での様子についてはこれからもちょくちょく書いていきますね♪メッセージありがとう!!

■Chicoさん、
カルボナーラって時々ムショウに食べたくなるんです!

先生を選べるの、、ありがたいシステムだとは思います。
もともとは学校に電話してきて先生のリクエストをする父兄がたくさんいたためにこういう制度になったみたいです。本当は学校としてはあまり望ましくないと思っているのじゃないかなぁ。特に選ばれる立場の先生たちは、自信のある人はいいけれど、そうでない人(新任の人とか)にとっては嫌みたいですよね。私だって先生の立場だったら嫌だなーって思いますモンね!

先生をリクエストする際には、うちの子供はこういう性質なので、こういう先生がいい、、とかそういうことも書く必要があるのだけど、これはよいことだなぁ、と思います。「うちは怒られてもめげないタイプなので厳しい先生がいい」とか、反対に「すぐに萎縮してしまうタイプなので穏やかな人がいい」、、とか、、そういう面は考慮してもらえたら生徒も先生も両方やりやすいと思うんですよね。

ここはスクールシステムがとても優秀でその点ではとてもありがたく思ってるんですよ。CAもよい学校がたくさんあるのでしょうけれど、よいスクールエリアに住むにはミリオン以上の家を買う、、というのがお約束になってしまっているようですよね。。みんなどうしているんだろう??って思ってしまいます!

編集 | 返信 | 
2007.08.27
Mon
05:49

純太 #-

URL

カルボナーラ!

とろんとろ~んも大好きなんですが、POPOさんレシピの作り方もおいしそう!!
是非まねしてみたいです~☆

息子さん、一年生になったんですね~!おめでとうございます。
アメリカではそんなに大騒ぎしないんですね・・・一年生って言ったらすっごくおめでたい!ってイメージなのは日本だけかしら?

編集 | 返信 | 
2007.08.27
Mon
08:53

popo #-

URL

純太さんへ

ありがとう~♪
本当にこちらの新学期ってあっさりしているんですよ~。親としては楽は楽なんですが、、
日本の入学式は気持ちが引き締まってやっぱりいいですよね~。経験できないのはちょっと残念です。

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。