スポンサーサイト

 --,-- --:--

......................................

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carlsbad Caverns

 24,2011 22:30

......................................

Carlsbad Caverns(カールスバッド洞窟)に行ってきました。
この場所についての詳しい日本語での説明は、ここで読むことが出来ます。

この洞窟はいつでも自分で回ることが出来ますが、ガイド付きのツアーの定員は限られています。ガイドツアーでのみ回れる場所があるのです。

私たちは前もってオンラインで二つのツアーを申し込んでいました。
Left Hand Tunnel Tourと、それからKing's Palace Tourです。

感謝祭の日はとてもすいている、ということで、今日は人も少なく、とってものんびり回ることが出来ました♪

午前中に参加したのは、Left Hand Tunnnel (左側のトンネル)ツアー。
このツアーは舗装されていないところを、ろうそくの明かりのみで進んでいきます。
(対象年齢は7才以上)

真っ暗で、舗装されていない道を進むツアーなので、誰にでも向いているツアーではないのでしょう。
最初にレンジャーからツアーについての説明があったとき、一人一人、本当に参加したいか、と聞かれました。
「本当は気が進まないのだけど、夫がどうしてもというから...」なんていう人はここで参加を断られるそうですよ。(笑)


洞窟へはエレベーターで。750フィートの深さまで一気に降りていきます。
そこから.... 一人一人ろうそくの入ったランタンを持ち、一列になって狭い道を進んでいきます。

Left Hand トンネル

洞窟のツアーではお決まりのようですが、途中周りを真っ暗にし、本当の闇を経験する、というのがあります。
今回も例外ではなく、ある場所でろうそくをすべて消しました。

本当の暗闇ってこういうものなんだ、って感動します。
普通に生活をしていると、本当の闇を体験することってまずないんですよね。暗いと思っても、常に何らかの明かりが回りにあるものです。それは街灯だったり月明かりだったり。
電気を消して真っ暗にしても、しばらくして目が慣れてくると何かぼんやりと見えてくるものですよね。
だけど洞窟内では、いくら目をこらしても、何一つ回りが見えません。あまりに暗すぎて、目を開けていると目が痛くなるんですよ!

そしてもうひとつ、ここでは完全な静寂も体験できます。
本当に物音ひとつ聞こえない...

電気を消して、みんな静かにしましょう、という瞬間があるのだけど、本当に音がない世界を体験できます。
けれどその時、何か小さな「ジー...」というような音が聞こえる気がするんですね。それは空耳かと思ったんだけど..

レンジャーの人の説明によると、それは自分の頭に血が流れる音だとか...
あまりに静かなので、血管に血が流れる音が聞こえているのだって。
本当かなぁ~?!

このツアーは約1時間半。
それほどの距離は歩きませんが、ところどころで立ち止まってレンジャーが色々と話を聞かせてくれるのでそれくらいの時間がかかるようになっています。

このツアーは子供たちもかなり楽しかったようです。
ランタンを持って歩くのが特別な経験だったのでしょう。

↓は洞窟内にあるギフトショップ。
薄暗くて何か神秘的。

洞窟内のお土産やさん


アメリカの国立公園や州立公園では、たいていどこでもジュニアレンジャープログラムというものがあり、インフォメーションセンターで聞くと専用の冊子をくれます。
この冊子にはその場所に関連したクイズなどが書かれていて、これを完了すると、ジュニアレンジャーと認めてもらえて、パッチやバッジなどがもらえるのです。

うちの子供たちも挑戦しました。
↓写真は、次男が完了した冊子を持っていってレンジャーさんにチェックしてもらっているところ。

ジュニアレンジャープログラム

この後、右手を上げてレンジャーとしての宣誓をさせられ、それが終わるとめでたくバッジがもらえるのです♪
勉強になるし、バッジももらえるし、なかなかありがたいプログラムなんですよ。

こうしてレンジャープログラムを完了させたり、カフェでお昼ご飯を食べたり、お土産屋さんをのぞいたりした後は、Big Room と呼ばれる場所へ。

ここは自由に歩ける場所。ちゃんと舗装され、手すりもあって、安心です。

Big Roomと呼ばれるだけあって、本当に大きい~。
広いだけでなく、天井も高く、すごい迫力です。

ビッグルーム

なんと言ったらいいのかな...
この世のものとは思えない光景。
一体ここはどこの世界なんだろう?って。

King's Palace Tour

本当に不思議です。
そしてこの石や鍾乳洞などなど... 私にはどうしても顔に見えてくる... (笑)

午後2時からはKing's Room のツアーへ。
午前のツアーは少人数でしたが、今回はかなりの人数。50人くらいいたかな。

Big Roomをしばらく行くと、ゲートがあり、ツアー客しか入れない道へと歩いていきます。

King's Palace

King's Roomは大きなホールのようになっていて、天井にはびーっしりとつらら状の岩がぶら下がっています。本当に圧巻です。

不思議です

今日は朝9時前から、4時半ごろまでこの洞窟にいて、かなりの距離を歩きました。
自然が作ったアート... いくら見ていても飽きません。
またいつか来ることが出来たらいいなぁ。

さて、今日は感謝祭当日、ということで、ほとんどのレストランは閉まっています。
この町ではなんと、マクドナルドなども全部クローズ!

ということで、この町でかろうじてあいていたのはIHOPと、もうひとつモーテルに併設されたアメリカンフードレストランのみ...

危ない橋を渡るよりは安心できるIHOPにしよう、とよるご飯はIHOPへ。(笑)
私が頼んだサラダも、夫が食べたハンバーガーも、悪くなかったですよ。

デザートにエッグノッグパンケーキ、なんていうものまで食べてしまった...

エッグノッグパンケーキ

これがまた、なかなか美味しくて♪

旅行から帰ったらまたダイエットしなくちゃです...
関連記事
スポンサーサイト

Comment - 3

2011.12.01
Thu
05:25

まっき〜 #lRfFlTdM

URL

popoさん、私たちもCarlsbadに行ったことがあります。2009年のspring breakだったかな?
でも、壮大なスケールの洞窟ですよね...子供たちも一生懸命歩きましたよ。
懐かしいです...RosewellのUSO Museumにも行き、Santafeやアルバカーキにも行きました。

あ~、マジで懐かしいです。もう行けないのかな...

編集 | 返信 | 
2011.12.01
Thu
09:16

kumakuma #Fo1S5Whw

URL

私もヒューストンにいた頃、この鍾乳洞に行きました!
本当にきれいでした。
今年はミズーリにある鍾乳洞に行ったのですが(アメリカで唯一トラムで回るという歌い文句につられて)もう、それはそれは残念な結果で・・・
カールスバッドを見てしまうと他が見られません!

編集 | 返信 | 
2011.12.02
Fri
09:22

Popo→まっきーさん、kumakumaさん #-

URL

■まっきーさん
こんにちは♪
結構多くの日本人の方が行かれてるんですよね。ちょっとびっくりしました!
本当に壮大という言葉がぴったり。。日本人の私たちには衝撃ですよね。
Rosewellには子供ができる前に一度行ったのだけど、あの雰囲気、すっごく好きでした。(笑)
サンタフェとタオスには子供たちとまたぜひ行きたいなぁと思ってます。
まっきーさんのお子さんたち、旅行のことをよく覚えておられますか?きっといい思い出ですよね。

■kumakumaさん
kumakumaさんも行かれたんですね!
私の周りでは、あまりここに行ったという話を聞かないんですよ~。
ミズーリの鍾乳洞、、、そうなのね。。(笑)トラムというのがまた邪道の気もしますよね。手が入れられすぎている、というか。。(笑)
カールスバッドを見られたのは、ありがたいことですよね。本当に綺麗でした!

編集 | 返信 | 

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。